戻してしまう場合のドッグフード

犬は人間よりも戻す=吐き出してしまうことが多い動物です。
初めて犬を飼った方は、吐き出してしまったのを見てオロオロしますよね。
しかし、なぜ吐き出してしまったのか、その後の様子はどうか、これを観察して理解することが大切です。
吐き出したけど、問題がない場合についてまとめてみましょう。

その前に、吐き出してしまうことと、嘔吐してしまうことは微妙な違いがあります。
吐き出すのは、食べ物を消化する前の状態で戻すことで、嘔吐は、すでに消化されているものを戻すことです。
吐き出しは食べ物を消化する前なので、胃に達する前に何か問題があったのでしょう。
食道や喉に詰まったとき、いつもと違うドッグフードを食べてびっくりしたときなど。
一度吐き出して、匂いをクンクン嗅いで、異変がなければまたムシャムシャドッグフードを食べる場合もあります。

嘔吐はすでに消化が始まった状態のものなので、胃などの消化器官に問題があったのでしょう。
食べ過ぎて吐いたり、胃の調子を正常に戻すために草を食べて吐くことがあります。
この他にも、急いで早食いをして吐いたり、お腹が空いて胃液を吐くこともあります。
これらの状況は生理現象のようなものなので、一過性の場合が多いです。
戻した後はいつもどおり元気に駆け回っているのであればほとんど心配はいりません。

しかし、何度も吐いたり、下痢など便に変化があったり、嘔吐したドッグフードに異物や血が混ざっている場合は注意が必要です。
例えば、誤飲や誤食をしてしまい、腸閉塞を起こしている可能性や、急性の胃炎、腹膜症、食べ物による中毒、ウイルス性の感染症、腸捻転などの病気の可能性があるからです。
犬が戻した場合、吐き出しなのか嘔吐なのかを見て、その後の様子を観察し、問題があるのか判断してあげましょう。
専門的に見てもらう必要があるなら、それから動物病院に行きましょう。
嘔吐したものを写真にとったり、臭いの特徴などを伝えれば診察もスムーズです。